iPhoneXは機動性が進化する

iPhoneXはiphone7の単なるバージョンアップ版と言うだけではありません。

現在では発表前の状態なので様々な憶測が飛んでいますが、有機ELディスプレイの搭載と、ワイヤレス充電の実現はほぼ決定されており、その他にも様々な機能や特徴が盛り込まれると考えられています。



有機ELディスプレイは従来の液晶ディスプレイと異なり、どのような角度からでも美しく画面が見えるのが大きなメリットです。
また消費電力が小さいため、電池が長持ちすると言うメリットもあります。

iphoneの場合には電池が完全に内蔵形となっており電池交換を行う際には修理と同じような作業が必要になるため、電池が長持ちすることは大きなメリットとなるのです。

さらにiPhoneXはこれまでのアルミケースではなく、全面ガラスケースとなると言う噂もあります。
全面ガラスケースになった場合には、非常に見た目に美しく光沢のあるデザインとなるほか、様々な塗装色が利用できるため従来では不可能であったレッドと言ったこれまでのiphone実はない明るい色も配色の中に加わる可能性もあるのです。
これまでのiphoneは昨日は優れていましたがデザイン的に無機質な感じがあり、他社のスマートフォンに比べてデザイン性に乏しいと言う評価もありました。



iPhoneXはこのような課題を払拭し、デザイン面と機能面両方に関して優れたスマートフォンとなる可能性が高いものとなっています。
iPhoneXはiphone7に比べさらに防水機能が進化すると言われています。その理由はワイヤレス充電機能を採用することでコネクタの使用率が減り、コネクタ部分の防水に関する耐久性が高まることが予測されるためです。


iphone7はiphoneとしては初めて防水機能を搭載したものでしたが、ライトニングコネクターを実装しその部分を充電のために対応するためその部分の防水機能が非常に弱いことが問題となっています。



コネクター部分を抜き差しすることでその部分に余分な力が加わることになり、防水機能に重要なパッキン部分が影響を受けてしまうことになるためです。
充電の回数は利用する頻度や利用状態によっても大きく異なりますが、多くの人は1日に1回もしくは2日に1回程度の充電を行うことが多いため、長い間にコネクタ部分が損傷してくる可能性があるのです。

iPhoneXではワイヤレス充電機能を搭載することでコネクター部分の抜き差しの回数を極力減らすことができるため、コネクター部分の損傷をできるだけ少なく抑えることができます。


これは防水機能に対しても大きな影響を及ぼすため、結果として防水機能が高まるということになるのです。

さらにiPhoneXではiphone7同様ヘッドホンジャックは装備されておらず、またホームボタンのタッチセンサーが他のものが採用されるため、iphone7の操作性をそのまま継承したものとなっています。

液晶ディスプレイは同時に発表されるiphone8同様公正性ディスプレイが採用されるため、これまで以上に見やすく、かつ解像度の高い写真や映像が楽しめると言うメリットがあります。