従来モデルより進化したiPhoneX

iPhoneXは従来モデルと比較して様々な点で進化する予定です。

前モデルでもCPUの性能の向上が図られたため、ゲームや並行作業などが容易に行えるようになりました。
新モデルではさらにCPU性能が向上し、様々な作業をスムーズに行えるようになると考えられています。

また全モデルではイヤフォンジャックが廃止されて密閉構造による防水性の向上が図られました。前モデルは水の中で30分放置しても壊れない防水性を有していますが、iPhoneXではお風呂やプール、海水浴などでも柔軟に利用できると予想されています。

iPhoneXの最も大きな特徴としては、新型ディスプレイの採用が予想される点を挙げることができます。

新型ディスプレイにはOLEDという新技術が採用される予定です。

OLEDは有機発光ダイオードや発光ポリマーと呼ばれ、有機ELという発光現象を利用します。有機ELは有機エレクトロルミネッセンスの略称で、発光ダイオードに電子が流れると励起子が発生して発光する仕組みです。OLED自体が発光体となるため、従来モデルに使用されていた液晶ディスプレイのようにバックライトと液晶を必要としないという特徴があります。

OLEDディスプレイは部品の数が少ないため、iPhoneXの本体を薄型化・軽量化することができます。

また電力消費量も小さいためバッテリー寿命も長期化することが可能です。

iPhoneXの発売日は一般的に2017年の9月頃になるのではと考えられています。

スマートフォンは数あれど、iphoneシリーズほど熱烈で多くのファンを獲得する端末はないでしょう。
その中で、今か今かと待たれているのが、iPhoneXの発売です。このバージョンは、以前のバージョン6の外観を踏襲しており、角が取れ滑らかなデザインが特徴です。また、画面サイズが大型化されたことにより、一覧性は向上したため、ユーザーからも好評でした。

とは言え、画面サイズを大きくしたため、比較的手の小さな人には操作しづらいという声もあった様です。



加えて、搭載されているカメラレンズ部分の出っ張りが、気になるという声もありました。


しかしiPhoneXでは、そのような問題は解決済みなので、購入を躊躇っている人にとっては朗報と言えるでしょう。



そしてiPhoneXは、以前に発売されたバージョンから、改良・修正を施している事が伺えますが、さらに進化を遂げていると言った方が適切かも知れません。



何故なら、スマートフォンのパネル画面をガラスで覆うという画期的なアイディアで、堅牢性などを向上させようとしているからです。
ガラスと言ってもただのガラスではなく、サファイアガラスと呼ばれるものを利用すると、見られています。また、パネル画面のみならず、iPhoneX本体全体をサファイアガラスで覆ってしまうのではないかという声もあります。

この技術は、iPhoneシリーズを発売しているメーカーが特許を取得したものであり、高価なサファイアを薄く利用する事でコストを削減を狙えるでしょう。
そもそも、サファイアガラスは、強化ガラスと呼ばれるものを遥かに凌ぐ強度がありますから、iPhoneXの画面割れ対策などに貢献すると言えます。